18金ピンクゴールド製の枠に直径約3.8mmの主石をセットした高級感溢れるリングです。

サイドストーンリングとは主石をより引き立たせるためにメレ(小粒石)ダイヤモンドをサイドにあしらったデザインの事で、脇石リングとも呼ばれます。こちらの商品は、メレダイヤが腕のライン上に並べられたデザインとなっています。

腕部分が枝分かれしたデザインは割り腕と呼ばれ、ボリューム感を出しつつも指輪全体をすっきりと軽快な雰囲気に仕上げる事が出来ます。

レール留めとは二本の地金の間に石を挟み込むように固定する技法で、爪がモチーフに干渉する事が無い為デザインの魅力を損なわずに石を留める事が出来ます。

確かな品質と安心の証明書付きで特別な贈り物やギフトにも喜ばれるお勧めのジュエリーです。

<お選び頂ける天然石>
アクアマリン(3月の誕生石)
アメジスト(2月の誕生石)
エメラルド(5月の誕生石)
ガーネット(1月の誕生石)
キュービックジルコニア(4月の誕生石)
グリーントルマリン
サファイア(9月の誕生石)
シトリン(11月の誕生石)
スモーキークォーツ
ダイヤモンド(4月の誕生石)
タンザナイト(12月の誕生石)
ピンクトルマリン(10月の誕生石)
ブルートパーズ(11月の誕生石)
ブルームーンストーン(6月の誕生石)
ペリドット(8月の誕生石)
ルビー(7月の誕生石)



※納期に関しまして
貴金属製品は当社国内工房で丁寧に1つずつ製作しております。在庫がある時は直ぐに出荷させて頂いておりますが、在庫切れの場合はご注文を頂いてから製作し、出荷迄に15~20営業日前後掛かる場合がございます。プレゼントなど納期を気にされる場合はお問合せ下さい。

貴金属 天然石 指輪
サイズ約 幅(w)-×厚さ(d)-mm
重量(石除く)約 5.20g前後(11号で計測)
主石のサイズ約 縦3.8mm×横3.8mm
脇石のサイズ約 0.013ct×17個
※脇石は全て天然のメレダイヤです。
主石の形状ラウンドブリリアントカット
主石のランク
(ダイヤモンドの場合)
カラット:約 0.2ct
カラー:D~F
クラリティ:IF~VVS
カット:VeryGood以上
素材各種天然石、
無垢の18金ピンクゴールド
(日本製/刻印有り)
備考・証明書付属(鑑定書又は鑑別書)
・ラッピングもお受けしています。
ご注文時の画面でご指定下さい。
※上記表の数値は参考値です、実際にはロットにより多少前後致します。
※地金相場や当社都合により定期的に販売価格の見直しを行っております、予めご了承下さい。

ゴールドについて
金製品には様々な純度の製品がございますが、18金は日本で最も普及しているアクセサリーの主流です。18金とは、金の含有量が多く(75%)純度の高い貴金属です。他の金属と比べて錆びることが少なく、アレルギーによる肌荒れが起きにくいことが特徴です。変色や汚れに強く、高級感のある輝きを長い時間お楽しみ頂けます。当店では同じ18金でも異なる色のゴールドをご用意しております。カラーの他、デザインも種類豊富に取り揃えております、お好みやシーンに合わせてお選び下さい。男性・女性問わず人気がありますので、贈り物やギフトとしてもお勧め致します。
※18金は一般的に金属アレルギーを起こしにくい素材ですが、個人差や汗をかいてアレルギー反応が出てしまう場合もございます、ご注意下さい。

<K18PG 18金ピンクゴールドの成分>
純金はそのままでは柔らかすぎる為、合金とすることでアクセサリーとしての強度を持つことが出来ます。18金ピンクゴールド(K18 PG)は全体の75%が純金、残り25%に銀と銅を含むことで美しい色あいと強度を保ちます。

【送料無料キャンペーン?】 天然石 ピンクゴールド 18金 指輪 メレがラインになったサイドストーンリング メンズ レディース ジュエリー 貴金属 18k レール留め|K18PG 割り腕 主石の直径約3.8mm-指輪・リング

【送料無料キャンペーン?】 天然石 ピンクゴールド 18金 指輪 メレがラインになったサイドストーンリング メンズ レディース ジュエリー 貴金属 18k レール留め|K18PG 割り腕 主石の直径約3.8mm-指輪・リング

新着レシピ

【送料無料キャンペーン?】 天然石 ピンクゴールド 18金 指輪 メレがラインになったサイドストーンリング メンズ レディース ジュエリー 貴金属 18k レール留め|K18PG 割り腕 主石の直径約3.8mm-指輪・リング

Feature

【送料無料キャンペーン?】 天然石 ピンクゴールド 18金 指輪 メレがラインになったサイドストーンリング メンズ レディース ジュエリー 貴金属 18k レール留め|K18PG 割り腕 主石の直径約3.8mm-指輪・リング

ページの先頭へ